胸をはってよい美白最新の記事

子宮頸がん

がんと聞くと、身近な家族や親戚にがんになった人がいるとなりやすい、というイメージがありますね。
しかし、子宮頸がんは遺伝などに関係なく、セックスの経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。

子宮頸がんは、子宮の入り口付近(約1/3)にできます。

子宮の入り口の皮膚の粘膜にガンの引き金になるウィルス(HPVヒトパピ
ローマウィルス)が感染して起こります。

HPVは、性交渉で感染するので、約8割の女性が一生涯で一回は感染します。
しかし、ほとんどの人は免疫の力で消失します。
約10%の人は、感染から子宮頸がんに進みます。

子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。

たとえ妊娠や出産を望まない女性でも、後遺症が残り、仕事や生活に影響するなど失うものは多大なものです。
また、がんがもっと進行してしまった場合には、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。
続木和子の子宮筋腫改善法を見る

胸をはってよい美白について


脱毛 姫路 ||フラッシュモブ動画
カテゴリー
更新履歴
子宮頸がん(2018年4月27日)
完全に除去するのが困難なストレス(2018年4月18日)
毛穴はやっぱりクレンジングで(2018年4月11日)
エイジングケア化粧品使いながら心穏やかに(2018年4月11日)
好きなものを食べても太らない生活に(2018年3月31日)